扶養内で働く個人事業主のやりがいとは

扶養内で働く場合、稼げるお金は基本的に1年間で103万円の範囲内になります。この稼ぎだけで家族を養うのはほぼ不可能ですが、扶養内ということならば配偶者や他の家族が家にとっての大黒柱を担っている状況でしょう。

そういった立場で103万円を稼ぐ人間が求められる役割とは、家の中の家事をこなしたり子供の面倒を見たりする育児をこなすことの比重が大きくなります。もちろん毎月8万円ほどのお金を稼ぐのも、遊びでできるものではありませんから個人事業主 IT系としてもしっかり働く必要があります。ただ主に家の中で働く在宅ワーカーになるので、子育てをしつつもお金も稼げるという点が一番の魅力であり、やりがいに繋がる点でしょう。

そのためには時間をしっかり決めて家事の時間、育児をしなくてもいい時間、仕事の時間などを分ける必要があります。また深夜にも仕事の打ち合わせやメールのやり取りなどをしないといけないこともあります。一人で三役をこなすことになるので大変に多忙な毎日になりますが、親として子供の成長を間近で見守りながら働けるのは大きなメリットになりますし、多忙な毎日でこそ充実感を感じられるという人もいるでしょう。

専業主婦や主夫として他人から働いていないという目で見られることもありません。また将来的に社員としての復帰に備えたい人ならばそのための勉強や訓練にもなるので、自分を高めるという意味でもやりがいを感じられるようになります。