103万以内で働くときの苦労

個人事業主としてIT系で扶養の範囲内の稼ぎを得ようとする場合においても、103万円しか稼いではいけないことになります。それをオーバーすると200万円近く稼がないと103万円の時以下の待遇になってしまい、自分にとって働き損が大きくなります。しかし個人事業主は自分である程度仕事の時間や仕事量、そして報酬をコントロールできるとはいえ、やはり収入面では思い通りにはならないこともあります。

103万円を1ヶ月あたりに換算すると8万円から9万円を稼ぐことになります。それを稼げるだけの仕事は丁度毎月入ってくるとは限りません。自分でコネやツテのある人に仕事をもらったり、ネット上のクラウドソーシングサイトで仕事を探すケースが多くなりますが、自分の能力次第で仕事の量も変わってくるものです。優秀な人の場合依頼先もどんどん仕事を依頼したくなるものですが、受ける方の都合で「今月はこれ以上仕事ができません」と言われてしまうと、それ以降仕事のお願いというのもしづらくなってしまいます。

仕事を受ける方もせっかく評価して仕事をもらったのだから断りづらいこともあります。こういった調整が非常に悩みどころや苦労と言えるでしょう。一方能力があまりない人の場合、仕事に応募しても当然採用されづらくなり、思ったように稼げないという例も多くあります。個人事業主は自由が大きいと見られがちですが、意外な制限もあるので仕事探しに時間をとられる苦労も多いと言えるでしょう。